米国では、2.3 分毎に 1 人の患者様が敗血症で亡くなっています。1

AIDS (後天性免疫不全症候群) および乳房、大腸、膵臓、前立腺癌すべてを合わせたよりも多くの患者様が敗血症で亡くなっています。2,3 しかし、敗血症による死亡例の 80% は、迅速な診断と治療により回避可能です。4

迅速な治療が重要である理由


 

輸液までの時間

  • 敗血症ショックを起こした患者様が、多くのケースで迅速で適切な輸液蘇生を受けていないというエビデンスが出ています
  • 30 分以内に 静脈路からの輸液蘇生を開始した場合、敗血症による致死率および入院期間を低減できる可能性があります5

 

静脈路からの抗生物質投与までの時間

  • 早期の抗生物質投与 (理想的には 1 時間以内) が違いを生みます6
  • 静脈路からの抗生物質投与 が 1 時間遅れるごとに致死率が 7.6% 上昇することが、試験により明らかになりました4

クリニカルサポート


タイトル: Surviving Sepsis Campaign: 敗血症および敗血症ショックの管理に関する国際ガイドライン: 2016
著者: Rhodes A, Evans LE, Alhazzani W et al.
出版: Intensive Care Med 2017:1-74. DOI: 10.1007/s00134-017-4683-6.

抜粋:
「敗血症または敗血症ショックの患者様を管理する際、骨髄路確保および能動的輸液蘇生の開始が非常に重要ですが、抗菌薬の迅速な静脈路輸液もまた優先事項です。静脈路からの抗菌薬投与には、追加で静脈路アクセス用ポートが必要になる場合があります。迅速で確実な (成人の場合も同様) 骨髄路確保により、迅速な抗菌薬の初期投与が可能になります」

上腕骨近位部のメリット


 

  • 中心静脈用カテーテルと同等のパフォーマンスにより末梢静脈アクセスを提供します。7-10
  • 上腕骨近位部経由で加圧下における平均流量が 5 L/時7,11
  • 初回成功率は 97%と報告されている12
  • 重度の合併症発生率は 1% 以下と報告されている13
  • 薬剤または輸液の心臓到達時間はわずか 3 秒14
  • EZ-IO システムの脛骨穿刺と比較した場合、穿刺および注入時の痛みが少ない7,11

詳細はこちら

本サイトの記事は、Arrow EZ-IO 骨髄穿刺システムの骨髄路確保への適応、要求、用途をサポートしていますが、使用の前に医師に相談し、適切な適応、禁忌、警告、注意事項が記載された製品ラベルを確認してください。 発生する可能性のある合併症としては、局所的または全身性感染症、血腫、溢出、または滅菌器具の経皮的挿入に関連したその他の合併症が挙げられます。 Rx only

References:

  1. Marik PE. Surviving sepsis: going beyond the guidelines. Ann Intensive Care. 2011. doi:10.1186/2110-5820-1-17.
  2. HIV in the United States: at a glance. Centers for Disease Control and Prevention Website. http://www.cdc.gov/hiv/statistics/basics/ataglance.html. Updated July 1, 2015. Accessed September 16, 2015.
  3. American Cancer Society. Cancer Facts & Figures 2015. Atlanta, Georgia: American Cancer Society; 2015.
  4. Kumar et al. Duration of hypotension before initiation of effective antimicrobial therapy is the critical determinant of survival in human septic shock. CritCare Med. June 2006;34(6)1589-96.
  5. Leisman D, Wie B, Doerfler M, et al. Association of fluid resuscitation initiation within 30 minutes of severe sepsis and septic shock recognition with reduced mortality and length of stay. Annals of Emergency Medicine. September 2016;68(3):298-311. doi: 10.1016/j.annemergmed.2016.02.044
  6. Dellinger, R. The Surviving Sepsis Campaign 2014: An Update on the Management and Performance Improvement for Adults in Severe Sepsis. Consultation. October 2014;54(10);2906.
  7. Based on Adult Proximal Humerus EZ-IO insertion data.
  8. Compared to single lumen CVCs.
  9. Hoskins SL, Zachariah BS, Copper N, Kramer GC. Comparison of intraosseous proximal humerus and sternal routes for drug delivery during CPR. Circulation 2007; 116:II_993. Research sponsored by Teleflex Incorporated. (preclinical study)
  10. Hoskins SL, Nascimento P Jr., Lima RM, Espana-Tenorio, JM, Kramer GC. Pharmacokinetics of intraosseous and central venous drug delivery during cardiopulmonary resuscitation. Resuscitation 2011; doi:10.1016/j.resuscitation.2011.07.041. Research sponsored by Teleflex Incorporated. (preclinical study)
  11.  Philbeck TE, Miller LJ, Montez D, Puga T. Hurts so good; easing IO pain and pressure. JEMS. 2010;35(9):58-69. Research sponsored by Teleflex Incorporated.
  12. Cooper BR, Mahoney PF, Hodgetts TJ, Mellor A. Intra-osseous access (EZ-IO) for resuscitation: UK military combat experience. J R Army Med Corps. 2007;153(4):314-316.
  13. Teleflex Internal Data on File 2014.
  14. Montez D, Puga T, Miller LJ, et al. Intraosseous infusions from the proximal humerus reach the heart in less than 3 seconds in human volunteers. Annals of Emergency Medicine. 2015;66(4S):S47. Research sponsored by Teleflex Incorporated. 
テレフレックス、テレフレックスのロゴ、Arrow、EZ-接続、EZ-IO および EZ-スタビライザーは、米国および (または) その他の国々におけるテレフレックス社またはその関連会社の商標または登録商標です。MCI-2017-0721