Arrow EZ-IO 骨髄穿刺システム


EZ-IO 骨髄穿刺システムを胸骨に使用しないでください。

テレフレックス社の Arrow EZ-IO 骨髄穿刺システムは、緊急時に迅速、安全、効果的なソリューションを提供します。EZ-IO システムは、骨髄路確保が困難な緊急時または救命救急処置を要する場合に 24 時間を上限として適応され、中心静脈用カテーテルと同等のパフォーマンスにより末梢静脈アクセスを提供します。1-2*†

EZ-IO クリニカルエデュケーション

EZ-IO を快適にお使い頂くためのサイト

製品番号 製品名 対象体重 入数(個/箱)
9058 アローEZ-IO 骨髄穿刺パワードライバー - 1
9066-VC-005 アローEZ-IO骨髄穿刺スタビライザー - 5
9079-VC-005 アローEZ-IO骨髄穿刺 ニードルセット45mm ≥40 kg 5
9001-VC-005 アローEZ-IO骨髄穿刺ニードルセット 25 mm ≥3 kg 5
9018-VC-005 アローEZ-IO骨髄穿刺ニードルセット 15 mm 3-39 kg 5

製品の特長

  • 初回成功率は 97%と報告されており効率的なデバイスです3
  • 重篤な合併症の発生率は 1% 以下と報告されており安全性の高いデバイスです4
  • 10秒で骨髄路の確保が行えます5
  • 成人の上腕骨近位部からの注入速度は 圧力下で平均 5 L/時あり、他の部位に比べて痛みが少ないため疼痛管理の薬剤の必要性を低減します6**
  • 末梢 静脈路から投与可能な輸液や薬剤の殆どが、同等の投与量、速度、濃度にて 骨髄路 経由からの投与可能です7-10
  • 推奨穿刺部位は、 上腕骨近位部、脛骨近位部、脛骨遠位部の6箇所です
  • 臨床検査用血液サンプルは、骨髄路からの採取が可能です

骨髄 および静脈または動脈を比較した前臨床および臨床エビデンスに基づいて、共通する臨床検査の数値の多くは互いに相関しています。その他の数値は、統計学的に有意な相関のない臨床上の類似性を示しています。数値の解釈は慎重に行う必要があります。結果に対してポイントオブケア(POC)分析を実施しました。検査室の骨髄 検体処理能力をチェックしてください。IO 検査室分析の詳細については、「Science and Fundamentals of Intraosseous Vascular Access (骨髄路確保の科学と基本)」を参照してください。www.teleflex.com/ezioeducation で閲覧可能です。

本サイトの記事は、Arrow EZ-IO 骨髄穿刺システムの骨髄路確保への適応、要求、用途をサポートしていますが、適切な適応、禁忌、警告、注意事項が記載された製品添付文書を確認してください。

発生する可能性のある合併症としては、局所的または全身性感染症、血腫、溢出、または滅菌器具の経皮的挿入に関連したその他の合併症が挙げられます。

References:

  1. Hoskins SL, Nascimento P Jr., Lima RM, Espana-Tenorio, JM, Kramer GC. Pharmacokinetics of intraosseous and central venous drug delivery during cardiopulmonary resuscitation. Resuscitation 2011; doi:10.1016/j.resuscitation.2011.07.041. Research sponsored by Teleflex Incorporated. (preclinical study)

  2. Hoskins SL, Zachariah BS, Copper N, Kramer GC. Comparison of intraosseous proximal humerus and sternal routes for drug delivery during CPR. Circulation 2007; 116:II_993. Research sponsored by Teleflex Incorporated. (preclinical study)

  3. Cooper BR, Mahoney PF, Hodgetts TJ, Mellor A. Intraosseous access (EZ-IO) for resuscitation: UK military combat experience. JR Army Med Corps. 2008;153:314-6.
  4. Teleflex Internal Data on File 2014.

  5. Davidoff J, Fowler R, Gordon D, Klein G, Kovar J, Lozano M, Potkya J, Racht E, Saussy J, Swanson E, Yamada R, Miller L. Clinical evaluation of a novel intraosseous device for adults: prospective, 250-patient, multi-center trial. JEMS 2005;30(10):s20-3. Research sponsored by Teleflex Incorporated.

  6. Philbeck TE, Miller L J, Montez D, Puga T. Hurts so good; easing IO pain and pressure. JEMS 2010;35(9):58-69. Research sponsored by Teleflex Incorporated or its affiliates.
  7. Voigt J, Waltzman M, Lottenberg L. Intraosseous vascular access for in-hospital emergency use: A systematic clinical review of the literature and analysis. Pediatr Emerg Care 2012;28(2):185-998. Research sponsored by Teleflex Incorporated.

  8. Von Hoff DD, Kuhn JG, Burris HA, Miller LJ. Does intraosseous equal intravenous? A pharmacokinetic study. Am J Emerg Med 2008; 26: 31-8.

  9. Neumar RW, Otto CW, Link MS, et al. Adult advanced cardiovascular life support. 2010 American heart association guidelines for cardiopulmonary resuscitation and emergency cardiovascular care. Circulation 2010;122(suppl 3):S729-67. doi:10.1161/CIRCULATIONAHA.110.

  10. Monsieurs KG, Nolan JP, Bossaert LL et al.European Resuscitation Council Guidelines for Resuscitation 2015 Section 1. Executive summary. Resuscitation 2015;95: 1-80

*シングルルーメン中心静脈用カテーテルとの比較。 成人の上腕骨近位部への EZ-IO 穿刺データに基づく。 **EZ-IO システムの脛骨穿刺との比較 骨髄血液検体が分析用に適切かどうかは各検査室と相談し判定ください。 Rx only Needle Vise は、Atrion Medical Products 社の商標または登録商標です。 テレフレックス、Arrow、EZ-接続、EZ-IO および EZ-スタビライザーは、米国および (または) その他の国々におけるテレフレックス社またはその関連会社の商標または登録商標です。MCI-2017-0721