心停止: 主要な死因の 1 つ1

米国における成人の心停止発症数は年間 500,000 例を超え、推定生存率は 10% です。1

治療の鍵: 輸液および薬剤の速やかな到達

迅速な輸液ルート確保が必要な場合でも、心血管虚脱および環境上の理由により、静脈路確保が困難か不可能である場合があります。


 

成功率: IO > IV

比較臨床試験において、心停止中の骨髄路確保の成功率は、静脈路確保の成功率より優位であることが明らかになりました。2,3


 

自己心拍再開 (ROSC): IO = IV

心停止中の自己心拍再開 (ROSC) 率は、骨髄路確保および静脈路確保を受けた患者様の場合と類似していることが明らかになりました。2,3

Video Spotlight

Medical Director video image

メディカルディレクターからのメッセージ

A patient perspective video image

患者様からのメッセージ

Mock code video image

IVとIOの比較ビデオ

上腕骨近位部のメリット


 

  • 中心静脈用カテーテルと同等のパフォーマンスにより末梢静脈アクセスを提供する。4-7
  • 上腕骨の骨髄路確保によって、心停止状態および周心停止状態における輸液および薬剤の迅速な送達が促進されることが明らかになりました8,9
  • 初回成功率は 97%10
  • 重度の合併症発生率は 1% 未満11
  • 薬剤または輸液の心臓到達時間はわずか 3 秒4,12
  • EZ-IO システムの脛骨穿刺と比較した場合、穿刺および注入時の痛みが少ない13

詳細はこちら

本サイトの記事は、Arrow EZ-IO 骨髄穿刺システムの骨髄路確保への適応、要求、用途をサポートしていますが、使用の前に医師に相談し、適切な適応、禁忌、警告、注意事項が記載された製品ラベルを確認してください。 発生する可能性のある合併症としては、局所的または全身性感染症、血腫、溢出、または滅菌器具の経皮的挿入に関連したその他の合併症が挙げられます。 Rx only

References:

  1. Mozaffarian D, Benjamin EJ, Go AS, et al: on behalf of the American Heart Association Statistics Committee and Stroke Statistics Subcommittee. Heart disease and stroke statistics—2015 update: a report from the American Heart Association. Circulation. 2015;131:e29–e322. DOI: 10.1161/CIR.0000000000000152.
  2. Clemency B, Tanaka K, May P, et al. Intravenous vs. intraosseous access and return of spontaneous circulation during out of hospital cardiac arrest. Am J Emerg Med. Oct 2016. doi: 10.1016/j.ajem.2016.10.052.
  3. Bramlett E, Fales W, West B, LaBond V. Rate of return of spontaneous circulation in relation to primary vascular access during out-of-hospital adult cardiac arrest. Ann Emerg Med. 2016;68(4S):S120.
  4. Based on Adult Proximal Humerus EZ-IO insertion data.
  5. Compared to single lumen CVCs.
  6. Hoskins SL, Zachariah BS, Copper N, Kramer GC. Comparison of intraosseous proximal humerus and sternal routes for drug delivery during CPR. Circulation 2007; 116:II_993. Research sponsored by Teleflex Incorporated. (preclinical study)
  7. Hoskins SL, Nascimento P Jr., Lima RM, Espana-Tenorio, JM, Kramer GC. Pharmacokinetics of intraosseous and central venous drug delivery during cardiopulmonary resuscitation. Resuscitation 2011; doi:10.1016/j.resuscitation.2011.07.041. Research sponsored by Teleflex Incorporated. (preclinical study)
  8. Ross EM, Mapp J, Kharod CU. Time to epinephrine in out-of-hospital cardiac arrest: a retrospective analysis of intraosseous versus intravenous access. Ann Emerg Med. 2016;68(4s):S61.
  9. Lewis P, Wright C. Saving the critically injured trauma patient: a retrospective analysis of 1,000 uses of intraosseous access. Emerg Med J. 2014;31(9):784. doi:10.1136/emermed-2014-203588.
  10. Cooper BR, Mahoney PF, Hodgetts TJ, Mellor A. Intra-osseous access (EZ-IO) for resuscitation: UK military combat experience. J R Army Med Corps. 2007;153(4):314-316.
  11. Teleflex Internal Data on File 2014.
  12. Montez D, Puga T, Miller LJ, et al. Intraosseous infusions from the proximal humerus reach the heart in less than 3 seconds in human volunteers. Annals of Emergency Medicine. 2015;66(4S):S47. Research sponsored by Teleflex Incorporated.
  13. Philbeck TE, Miller LJ, Montez D, Puga T. Hurts so good; easing IO pain and pressure. JEMS. 2010;35(9):58-69. Research sponsored by Teleflex Incorporated.
テレフレックス、テレフレックスのロゴ、Arrow、EZ-接続、EZ-IO および EZ-スタビライザーは、米国および (または) その他の国々におけるテレフレックス社またはその関連会社の商標または登録商標です。MCI-2017-0721