企業の社会的責任

責任遂行

テレフレックスは、当社のコアバリューの実践や戦略的・商業的目標の達成には、企業の社会的責任(CSR)を果たすことが不可欠であると考えています。CSRには、企業としての野心だけでなく、当社の持続可能性や社会的影響を特定、定量化するための環境・社会・ガバナンス(ESG)基準を進化させていくための実践的な方法も含まれます。CSRへのコミットメントにより、当社は、従業員、患者様、顧客、投資家などの主要なステークホルダーとの信頼を築きます。これにより、当社のリスク管理能力の向上やコスト削減が実現し、さらには、「人々の健康と生活の質を向上させる」という目的に向かって歩み続けることにより、当社が事業を展開する地域社会に役立ちます。

当社のCSRを支える柱は、当社が、意義があり測定可能な目標を設定し、CSRプログラムに関連して透明性や開示性を高めていく上での枠組みとして機能します。当社は、責任こそが今後もコーポレート・ガバナンスにおける推進力であり続けるよう全力を尽くします。道徳規範やコンプライアンスに根ざした確固としたビジネス倫理を常に順守しながら、リスクを軽減し、ゼロハーム・ビジョン(Zero Harm vision)に沿った環境配慮型の事業慣行を模索し、実践します。また、健康、福祉、インクルージョン、安全性に重点を置いた専門能力の開発や従業員教育プログラムにより人を重視し、人道支援および医療助成プロセスを強化することで、より効果的なアプローチを実現します。最後に、当社は、地域社会を支援するボランティアの機会を推進し、提供します。

当社の活動が、当社のCSRを支える柱や、国連の持続可能な開発目標のうちの13の目標にいかに一致しているかを以下に示しています。

倫理およびガバナンスの原則 地球と環境 繁栄と持続可能な医療
  • コーポレート・ガバナンス
  • コンプライアンス・誠実さ・倫理観
  • 販売・営業慣行
  • ITセキュリティおよびプライバシー
  • 排出量削減
  • プロダクト・スチュワードシップ
  • つくる責任つかう責任
  • 廃棄物の管理
  • 持続可能な調達
  • 物流と配送
  • 従業員への支援
  • 人材管理と手当
  • 多様性・公平性・インクルージョン
  • 従業員の評価
  • 従業員の健康と安全
  • 医学教育
  • 臨床研究
  • 慈善活動
  • コミュニティ・エンゲージメント
  • 研究・開発・イノベーション
  • 製品の安全性・品質
  • 医療へのアクセスと公平性に関するプロダクト・スチュワードシップ
  • プロダクト・スチュワードシップ
国連の持続可能な開発目標
Principals of Ethics and Governance Logo Planet and Environmental Icons People SD Icons Prosperity and Sustainable Healthcare SD Icons

CSR運営委員会

カレン・ボイラン, (委員長)、戦略的プロジェクト部門部長

キャム・ヒックス, コーポレートバイスプレジデント、最高人事責任者

ダン・ローグ, コーポレートバイスプレジデント、法律顧問、秘書

ドミニク・レテルスキー, コーポレートバイスプレジデント、品質保証/規制関連業務担当

ハワード・サー, コーポレートバイスプレジデント、最高コンプライアンス責任者

ジェームズ・ウィンタース, コーポレートバイスプレジデント、製造サプライチェーン担当

ミシェル・フォックス, コーポレートバイスプレジデント、最高医学責任者

コリン・カラン, 海外業務人事部長

エメット・ダルトン, グローバルブランド・デジタル・コミュニケーション部門部長

ジョン・スー, 投資家広報部門部長

ジャスティン・マクマレー, グローバル戦略研究開発部門部長

ローレンス・キューシュ, 投資家広報および戦略開発部門部長

マット・ベッカ, 部長、CMAインターナショナル

モニカ・ヴィキャンデル=ヘガーティー, 人事、グローバルコマーシャル、人材開発部門部長

ジョバン・シュー, 臨床および医療部門チーフ、APAC

ダニエル・オブライエン, 外部報告部門シニアディレクター

デビッド・オフリン, 持続可能性部門責任者

デレク・ノア, 持続可能性戦略&報告マネージャ

メアリー・ギデラ, 財務部門シニアマネージャ

過去のグローバルインパクトレポート

方針、声明、プログラム